読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海鳥屋

重賞予想専門ブログ~回収率100%超えを目指して

【回顧】2017年日経賞は⑬シャケトラの差し切りV!!!

f:id:umidoriya:20170325214415p:plain

6.9-11.4-12.3-12.3-12.2-12.9-12.5-12.2-12.0-11.9-11.8-11.8-12.6

平坦戦想定⇒▼1±0△8平坦戦

まず、⑫ゴールドアクターは位置取り・流れも完璧だったんですが伸びなかったですねー。あれで伸びないとなると、加齢による能力減を疑いたくなります。ただ、単オッズ1倍台はさすがにやりすぎですよ。

勝ったのは、充実期に突入した⑬シャケトラ。この馬を2列目に置けなかったのは、自分の予想力のなさが故。馬も強いですが、鞍上の田辺もかなりうまく乗ってましたよ。馬自身は、これでラップギアが「瞬3平2消0」となりました。瞬発力と持続力満遍なくある感じで、好走レンジは広そうです。次は天皇賞春でしょうか。期待して良さそうです。

本命馬⑪ミライヘノツバサは2着。中山はかなり向いていそうですね。前走は前が厳しい流れで粘っており、見た目以上に強い競馬だったための本命でした。個人的に、前走展開不利で狙う場合は、前がごっそり残ったレースで後方から差してきた馬を狙うよりも、差しが決まったレースを前で粘った馬を狙う方が次走での期待値は高いような気がします。しかし、きっちり2着まで持ってきたのに馬券にできないのは悲しいです。。。

3着は⑩アドマイヤデウス。これで同馬は、G2以下は(5-2-5-0)という成績。G1じゃ馬券内0ですからねー。掴みやすい馬といえば掴みやすいか。まあ、一度制した舞台でもあるし適性はありました。イン突きの岩田炸裂。最近は重賞でもちょこちょこ顔を出してきており、完全復活間近でしょうか。

2着馬と3着馬はド平坦馬なので、やはり平坦適性が問われた一戦。持続力のある馬を狙うというのは来年への申し送りで。いやー、このレースはきっちり仕留めておきたかったです。