海鳥屋

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海鳥屋

競馬大好きマン。まじめに予想に取り組み年間プラス収支を目指す。基本的に本命は穴馬から入ります。理想は、大きく負けないこと。

【回顧】ヴィクトリアマイル◎①アットザシーサイドは13人気12着でした。

 先週は、2重賞あって的中なし。人気薄がしっかり絡んでの結果でしたが、的中に繋げることはできませんでした。ちょっと最近、「回顧が疎かになっていた&予想時間短縮したい」ということもあるので、しっかり回顧記事書いておきます。

レース総括

f:id:umidoriya:20170514225727p:plain

 4歳馬の馬券内独占となった今年のヴィクトリアマイル。荒れましたが、ラップギア的には「瞬発決着で瞬発馬が上位を占めた」という単純な結果となりました。まあ、ここまで緩むとは思いませんでしたね。馬場も特殊でしたが、勝ち馬の⑤アドマイヤリード@ルメールは、一番伸びるところを狙いすました騎乗。勝つべくして勝ったって感じです。そう考えると⑩デンコウアンジュは不利もありながらあの位置から猛然と追い込んでいるので、結構強い競馬だったんじゃないでしょうか。メジャーエンブレムを差し切った舞台で舐めてはいけませんでしたね。というか、前走は早めに捲り込んで差し馬の餌食になっていましたけど、あんまり負けていなかったんですよね。前走をもっとしっかり分析していれば...。

 

各馬メモ 

5着:④ソルヴェイグ⇒【ラップギア】

「同馬のラップギア値的には瞬発馬だが、これまで最大加速▼5までの実績しかない。今回のような大きな加速の生じるレースは基本的には向かないだろう。マイルでの実績もないわけで、距離はこなせるが本質的にはもう少し短い方がベターかな。それでも見せ場たっぷりの5着だったように能力は高い。」

6着:⑧クイーンズリング⇒【ラップギア】【距離】

「ド平坦馬とまではいかないが、基本的には平坦馬。瞬発戦の重賞でも結構やれているように能力はかなり高いが、▼10を超えるような瞬発戦ともなれば、やっぱり瞬発力不足ということでしょう。非根幹距離で5勝しているように、距離もいまいち合っていない印象。やはり狙いは平坦戦想定の非根幹距離でこそか。」

8着:⑮フロンテアクイーン⇒【展開】【直線位置取り】

9着:⑫ウキヨノカゼ⇒【展開】【直線位置取り】

「外差し馬場での外枠だったが、先行馬が外を回す流れで、外枠馬は更に外を回される羽目になる。しかも、位置取り的には絶望で上がり上位なるもここまで。」 

10着:⑦ルージュバック⇒【展開】【ラップギア】【直線位置取り】

「同馬も前述した2頭と同じような位置にいたため、まずは展開不利。まあ、スタート後に鞍上が手綱を引っ張りこの位置になったわけですが...。そして、直線は外に馬がいれば能力を発揮できない同馬の特徴を全く理解していないような位置取り。ラップギアも現状の数字的には瞬発馬分類だが、同馬は間違いなく平坦馬。大きな加速の生じるレースは基本的には向かない。」

11着:⑭レッツゴードンキ⇒【ローテ】

「同馬の近走は重賞で安定した成績。それは距離短縮でのもので、掛かりやすい同馬には向くローテだった。今回は一転して400mの距離延長で外枠、スローペースと好走しろと言うほうが酷な話。案の定折り合いに苦しんでいたので、今回は仕方ないかな。まあ、こんなに人気するとは思っていなかったけど。」

12着:①アットザシーサイド⇒【ラップギア】【直線位置取り】

「とりあえず、平坦馬なんでこの瞬発決着は不向き。あとは、外が伸びる馬場にも関わらず猛然と枠なりに内を突くのもどうかと思う。全く馬場を意識していない乗り方で、まあ好走は厳しかったか。」