海鳥屋

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海鳥屋

競馬大好きマン。まじめに予想に取り組み年間プラス収支を目指す。基本的に本命は穴馬から入ります。理想は、大きく負けないこと。

【予想】京王杯SC◎⑤トーセンデューク

どうも。今週はブログのカスタムをいじりまくっておりました。まあ、まだまだ改善の余地はありますが、とりあえず以前よりは見やすくなったかなと。というわけで、プチリニューアルした当ブログ1発目は東京芝1400mで行われる京王杯SCです。

予想と見解 

f:id:umidoriya:20170512180418p:plain

過去2年は上がり上位馬のワンツーで、これまでとは傾向が変わりつつある感じ。ともに瞬発決着でもあり瞬発馬が優勢。瞬発馬といっても特化型タイプではなく、それなりに平坦実績もあるタイプが好走している。今年は先行馬が少なく、恐らく瞬発戦になるんじゃないかとみています。あとは、やっぱり雨降ってどうなるかってとこだよな。

 

本命は、⑤トーセンデューク

重賞初挑戦だが、これまで結構骨っぽい相手と戦ってきており、格負けはしなさそう。鞍上も2走前はうまく乗れなかったと発言しているように、今回はただ大外ぶん回すだけの騎乗はしないだろう。掛かりやすいタイプで、14はベスト。馬場が重くなりすぎなければ。

相手筆頭は、④サトノアラジン

昨年制しているように、舞台設定は悪くない。能力的にもここは上位。不安なのは、不器用なタイプでこの内枠が仇となりそうな点かな。直線詰まっても、文句の言えない馬。それでも、ここは対抗で問題ないかと。

次いで、③キャンベルジュニア

東京コースに実績のあるタイプが好走しやすい舞台で、同馬は東京コースは「2-1-0-0」。前目で上がりの脚もしっかりしているが故、崩れにくい。先行馬手薄で位置取りの恩恵も受けそうだ。

あとは、⑨グランシルク

平坦に寄りすぎており、瞬発戦想定なら頭までは考えなくていいキャラ。それでも毎度きっちり差してくるので、2、3着要因。

穴は、⑧トウショウドラフタ

同馬も東京得意で、14実績も豊富。堅実なタイプではないが、嵌れば上位進出可能だろう。久々に好条件とみて。

印まとめ

◎:⑤トーセンデューク

○:④サトノアラジン

▲:③キャンベルジュニア

△:⑨グランシルク

☆:⑧トウショウドラフタ

×:②⑦⑩⑬

買い目

買い目はTwitterで公開します。金額等も公開しておりますので、よろしければ。