読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海鳥屋

重賞予想専門ブログ~回収率100%超えを目指して

【予想】2017年日経賞の本命馬は⑪ミライヘノツバサです。

f:id:umidoriya:20170325105640p:plain

中山2500mのコース適性値は、「瞬4平5消1」で平坦戦を想定。過去5年は瞬発決着2回平坦決着3回でした。

◎:⑪ミライヘノツバサ

○:⑫ゴールドアクター

▲:⑨レインボーライン

△:⑧ジュンヴァルカン

☆:⑦マイネルサージュ

×:⑥⑩⑬⑭

 

結構骨っぽいメンバーが揃った今年日経賞。中心は、中山25マイスター⑫ゴールドアクター。昨年連覇をかけて挑んだ有馬記念では、サトノダイヤモンドキタサンブラックに次ぐ3着入線。0.1差だったことを考えても、この舞台では能力上位。ただ、それでも単勝オッズ1倍台が示すほど、頭鉄板とまではいかないと考えています。斤量も背負っているし、もう6歳という年齢も気になる材料。あくまで連軸向きでいいかと。

本命は、⑪ミライヘノツバサ。前走AJCCを評価してのものです。そのAJCC掲示板に入った馬で同馬を除く4頭が道中中団~後方に位置しており、捲り気味に進出してきた馬達ばかり。そんななか、同馬は前受けして展開厳しいなかでも、ラストまでバテることなく、3着にきているのは力のある証拠とみます。今回は③ヤマカツライデンという逃げ馬が飛ばす流れになるかと思うが、 瞬発力が全くない同馬にとっては歓迎材料。先行して平坦戦の流れなら、このメンバーでも再度粘り込みがあっても良いかと。鞍上は、見なかったことにします。

相手は、上記に述べたように⑫ゴールドアクター

その後に、⑨レインボーラインと⑧ジュンヴァルカンが続く。まあ、この2頭も普通に強いでしょう。

穴で期待は、⑦マイネルサージュ。前走は鞍上が相当下手に乗っており、能力負けではない。距離短縮は良さそうだし、普通に乗れば案外やれるとみています。まあ、この馬は鞍上次第なところはあると思うが...。

 

3連複:⑪ー⑧⑨⑫ー⑥⑦⑧⑨⑩⑫⑬⑭(18点)

3連複:⑦ー⑫ー⑥⑧⑨⑩⑪⑬⑭(7点)

3連単:⑧⑨⑫⇒⑧⑨⑫⇒⑪(6点)