読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海鳥屋

重賞予想専門ブログ~回収率100%超えを目指して

【回顧】2017年京都牝馬Sはレッツゴードンキの復活V!!!

f:id:umidoriya:20170219214428p:plain

12.6-11.6-11.6-12.0-12.0-11.2-11.5

平坦戦想定⇒±0▼8△3瞬発戦

うーん、瞬発戦ですか...。それも▼8という比較的大きな加速を生じました。こうなれば瞬発馬が上位を独占するのは当然の結果か。

 

勝ったのは、⑩レッツゴードンキ桜花賞馬の復活は嬉しい限りですね。それでも、道中は掛かり気味で手綱引っ張りっきり。なんとか我慢して最後は瞬発力でねじ伏せる競馬。さすがは桜花賞馬で、瞬発力勝負ならやっぱり強いですね。掛かるから距離が短いところが良いという志向はありますが、同馬は「瞬発力>持続力」なタイプなので、1400mとかは基本的に合わないと思っています。今回は瞬発戦になったから好走できたと考えるべきではないでしょうか。

 

2着は、⑮ワンスインナムーン。距離延長でこれだけやれたのは結構収穫じゃないでしょうか。前目で進めて直線は伸びる外に持ち出しての追い比べ。鞍上が馬場を把握していたのも大きかったと思います。初重賞挑戦でしたが、結構やれそうですね。

 

3着は、⑥スナッチマインド。昨年が瞬発力で一旦抜け出したあと、平坦戦の流れで持続力不足を露呈した同馬。同馬も瞬発戦になったことが好走要因でしょうか。うまく外差しの流れに持ち込めました。

 

本命・対抗は全く見せ場なし...。これはダメでした。次走以降注目という点では、⑧ムーンエクスプレスですね。外差し馬場を、逃げて直線も内を通る競馬で5着はなかなか見ごたえあり。ラップギア的にも、ド平坦馬なのでこの▼8を計時する瞬発戦は厳しかったでしょう。平坦戦or展開が少しでも楽になれば重賞でも好走しそうですよ。