読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海鳥屋

重賞予想専門ブログ~回収率100%超えを目指して

【回顧】2017年フェブラリーSはゴールドアリュール産駒のゴールドドリームがV!!!

f:id:umidoriya:20170219210023p:plain

12.1-10.5-11.4-12.2-12.8-11.8-12.0-12.3

平坦戦想定⇒▼10△2△3瞬発戦

▼10といった大きな加速が生じた今年のフェブラリーS。と言っても、前半速いので、スローの瞬発戦というわけではないですが。

勝ったのは、チャンピオンズCからのぶっつけの➂ゴールドドリーム。同馬は、今週急逝が報道されたゴールドアリュール産駒。競馬はこういうことが起こるんですよね~。ともあれ、きっちり巻き返してきましたね。まあ、府中マイルは同馬の最も得意とする条件ですから当然といえば当然の結果でしょうか。人気馬の中でも最も買いやすい馬だったように感じます。4歳馬ですので先が楽しみですが、府中以外でのパフォーマンスが今後の課題でしょう。ミルコも波に乗ってきました。

 

2着は⑨ベストウォーリア。7歳にしてフェブラリーSで最もいい着順でした。いや~、息が長いというか良く走りますね。前走根岸Sが差し追い込み馬の流れを前で踏ん張っていたように、強い競馬でしたからね。まあ、それでも指定席感のある2着。

 

3着は、1番人気⑩カフジテイク。まず連対できなかった1番の理由は、「瞬発戦になったから」で良いと思います。それでも、4コーナー大外ぶん回しは良いとして、結構早めに手綱が動いたように我慢しきれなかった感もあり、ロスは大きかったと思います。もう少しうまく乗れば際どかったかなとも思いますが、この瞬発戦の流れじゃここまでかとも思います。

 

他に、⑥モーニンはやはり揉まれ弱さが出たか。4コーナー手前から手綱動きまくりでしたね。⑪ノンコノユメは、去勢が明らかに失敗した感じですね。まあ、早熟だった可能性もありますが。復活はどうかな。

 

我が本命対抗馬はともに平坦馬だったので、この瞬発戦では出番なし。といっても、堅めの決着で馬券的にも出番なしでした。